多くの人々にとって、外国語を学ぶことは非常に難しく、ネイティブスピーカーのようになるには時間がかかります。幸運にも、アイルランドはヨーロッパの国の中で最もフレンドリーな国の一つです。優しく、温かく出迎えてくれるアイルランド人に接することで、語学力を向上させていくことができます。本日はそのような環境のなかで、さらに英語を上達させるために、ぜひ日常生活に取り入れていただきたい10の方法をお伝えさせていただきます。

1. ポッドキャスト(Podcast)を聞く

ポッドキャストはリスニング力を向上させるために非常に優れたツールの一つです。様々なエピソードを聞くなかで、新しい語彙や日常生活で使える単語、フレーズなどを学ぶことはもちろん、自然に身につけることができます。ポッドキャストを聞くことと、テレビや映画を見ることの違いは映像がないということ。そのため、聞くことだけに集中でき、英語表現における細かなニュアンスまで習得することができます。

man_with_headphones

ポッドキャストはラジオとも異なり、音楽や広告が一切ありません。世界各国で起こっているニュースや、政治的な話、その他趣味に関連するような内容まで聞くことができます。

ポッドキャストを聞くことは簡単に日常生活に取り入れることができます。また、自分の英語レベルに応じて聞きたいエピソードを選択することができます。ぜひ、無料のポッドキャストをyoutube, Spotify, google podcastなどで探してみてください。

2. 聞いたものを繰り返し口に出す

スピーキングを向上させる一つの手段として、聞いたものを繰り返し口に出してみるというものが効果的です。好きな映画で使われているセリフなどを繰り返してみるとよいでしょう。まず1,2回聞いてみて、単語やセリフだけでなくどのように発音されているかを覚えます。完全に覚えたら使われているセリフと同じような発音を意識して繰り返し口に出してみてください。

3. 録音して自分の発音を聞いてみる

最初のうちは慣れないと思いますが、すぐに慣れます。この方法はスピーキングを上達させるための近道の一つです。自分の発音の間違いに気づくことができ、すぐに見直すことができます。

4. スマートフォンや携帯電話の言語設定を英語に変える

girl_looking_at_phone_screen

一見効果がそれほどなさそうに見えますが、スマートフォンや携帯電話の言語設定を変更することは英語学習をするうえでとても効果的です。ほとんどの機能表示にはフォーマルな英語が使われています。スマートフォンや携帯電話を使う度に新しい単語を学ぶことができるでしょう。

5. 会話パートナーを見つける

毎日少なくとも1時間、英語で会話ができる相手を見つけてみましょう。同じ国出身の人と話すときも少しの時間でいいので英語で会話をしてみるとよいでしょう。会話の中でお互いの間違いに気づくことができ、教えあうことができます。会話の相手は語学学校に通う友人でもよし、留学期間中に出会った地元の友人でもよし。または近所に住む人、バスの中で出会った人、お気に入りのカフェの店員さんに話しかけてみるのもいいでしょう。

friends_having_beer

ダブリンの予算でどこで食べますか? こちらを読む>>

6. 地元の人々とできるだけ多く話す

スピーキングを上達させるため、また留学期間を無駄にしないためにも外に飛び出しましょう!

何でもいいのでソーシャルアクティビティに参加してみるとよいでしょう。例えば、パブやナイトクラブ、劇場に行ってみるとよいでしょう。楽しみながら英語を上達させていくことができます。

地元の人々と話す機会があったら積極的に話していき、彼らから発音や表現等を学んでいきましょう。英語を学ぶうえでリスニングも非常に重要です。会話の相手が英語を話しているとき、彼らがどのように発音しているか、どのような単語や表現をよく使っているか、よく聞いてみてください。

7. 好きな英語の歌を歌う

もしかしたらすでに実践しているかもしれませんが、もしまだであればすぐに始めましょう!

音楽はほとんどの人の生活にとって欠かせないものであり、英語の上達にも役に立ちます。好きな歌を聞いているとき、歌詞を見ながら声に出して歌ってみてください。BrowseGenius.comというサイトで簡単に歌詞を見つけることができます。

シャワーを浴びているときや洗濯をしているとき、食器を洗っているときなどに歌ってみましょう!しーんとした中での食器洗いが好きな人なんて誰もいないですよね。歌いながら楽しい時間にしてみませんか。

8. Erin Schoolの放課後アクティビティに参加する

もしErinのように放課後アクティビティを実施している語学学校に通っているのであれば、積極的に参加しましょう。Erinでは会話クラスなどの放課後アクティビティをご用意しています。その他、楽しく英語を上達させるためのアクティビティも多数ありますので、ぜひ以下のホームページをご参照ください

9. 単語ではなくフレーズに注目してみる

ネイティブスピーカーのように話せるようになる一つの方法として、彼らが会話の中で使っているフレーズに注目してみてください。この手法は新しい単語の意味を覚えることよりも難しく感じると思います。

例えあなたが正しい文法や語彙を使っていたとしても、地元の人たちは異なる表現を使うことがあります。より自然に流暢に英語を話せるようになりたいのであれば、実際に使われている表現に注目してみるとよいでしょう。

例えば、誰かと会った時、”how are you”や” what are you doing”、” it’s everything alright with you?” だけでなく、”how are you doing?”や”what’s up?”と使われることが多くあります。一般的に短い表現の方がより自然に聞こえることが多いです。

また、もし誰かの機嫌が悪いとき、”Did you get out of bed on the wrong side this morning?”とよく使われています。あなたもその場にいて、あなた自身も機嫌が悪かった場合は”on the same boat”と言われるでしょう。これらは表現のごくわずかな一例です。ほかにもたくさんの表現があるのでぜひ学んで使ってみてください。

10. 自分自身に話しかける

もし会話の相手を探すことが難しくても、英語の上達のためには声に出し続けることが重要です。

鏡を使って自分が英語を話している姿を毎日確認してみてください。話すトピックは何でも大丈夫で

す。ただ、発音を意識することを忘れないでください。スピーキングを上達させるためには声に出し続け

てください。また、ネイティブスピーカーの話し方をできるだけ真似ることを心がけてください。

知っている単語や表現が増えれば増えるほど、英語を聞くこと・話すことに自信がついていきます。

Author: Juliana Hansen

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of